海水魚飼育のお話

餌について

魚達は何を食べるのだろう。
サンゴ達は何を栄養としているのだろう。
私たちが飼育している生体はなにかしらの栄養を得る事で生命を維持している。
では、どのような栄養を与えれば良いのだろう。

自然界では食物連鎖で成り立っており、
植物や植物性プランクトンを動物性プランクトンが食べ、動物性プランクトンを魚が食べる。
栄養はシフトされるのです。
私たちが飼育している水槽を自然の海のようにする事も可能かもしれないが、
それをする事の弊害がある。
水槽内に私たちに都合の悪い環境を作る事にもなる。
では、どのように魚達に栄養をとらせるのか。
魚の中には植物性のものを好んで食べる種もあれば肉食性の魚もいる。
もちろん雑食性の魚達もたくさんいます。
魚の種を見極め、その魚に合ったエサを与えたいものです。

ヤッコ、ハギなどは植物性のものを好む個体が多く、
やはり海藻などを含む餌を与えたい。
カサゴ、カエルアンコウなどのフィッシュイーターは基本的に肉食。
ただ、肉食だからといって肉片だけでは栄養が偏ってしまうのです。
ビタミン不足になり、色アセや体系の変化、最悪内臓障害にも至る場合がある。

昨今いろいろなコンセプトにより開発された餌類が販売されている。
栄養価も高く、ビタミンやミネラルも豊富な餌も販売されている。
販売されている人工飼料の特徴、原料、成分などは飼育している魚に合う餌なのかを確認してほしい。

当店でのオススメ。

バイオビタミン
ビタミンは液体でなければキープ出来ないものもある。
お持ちの人工飼料にビタミン剤をひたして与える。
シュアーなどは多孔質に出来ており、
浸透も早く使い勝手が良い。
ただ、海藻類は全く入っていなく、
シュアーだけでの飼育はお勧めしない。
浮上性の餌より沈下性の餌の方が浸透しやすい。

カエルアンコウやカサゴ、タツノオトシゴ類などは、
与える餌に栄養豊富な餌を与え栄養をシフトしよう。

サンゴ等も環境により生息地が変わるのです。
光合成により栄養を作れるサンゴもあれば、
補食のみでの栄養を吸収するサンゴ。
もちろん両方。
水槽内ではいろいろなサンゴを同じ環境で飼育している場合が多く、
この場合、餌での栄養はかかせなくなるのです。

飼育生体によりご説明致します。
詳しくはお問い合わせ下さい。




page: 12 | 3 | 45678