kazika・トップ > 海水について > 純水を作るには

海水について

純水を作るには

昨今では水対策として色々な浄水器が販売されています。
純水を使い、海水を作ることは水道水の不純物を取り除き、
苔などの問題を解決。
人工海水のクオリティーを十分に生かす為のものです。

ウオーターエンジニアリング製純水器

昨今では各メーカーより純水器が発売されています。
機種により生産量やイオン交換樹脂の寿命も変わってきます。
ショートタイプ形状のものは全体に水が回りにくく一部に水が当たらない為、
イオン交換樹脂の効率が悪くなります。
イオン交換樹脂のクオリティーにも差があり、
生産量が変わってきます。
その為かなり絞って生産することになります。
当店販売のウオーターエンジニアリング製純水器は無駄なくイオン交換樹脂を通り、
効率を考え、イオン交換樹脂も高性能なものを供えた純水器です。
純水器の場合ではイオン交換樹脂がくっつけられる物質を吸着。
TDS(伝導率)は0でも純水器単体では吸着ができない菌や一部の物質もあります。
水道水にはカルキが含まれており殺菌されてはいますが、
一部混入し純水器内で繁殖している恐れがあります。
フラッシング、使う前に内容量分の排水後に使用をお勧めしています。
イオン交換樹脂の前にUFフィルターを取り付け、粗ゴミや菌を取り除く方が良い。
UFフィルターを使うことで初期のフラッシングは必要なくなります。


クロノスレイン

コットンで粗ごみを吸着、カーボンで塩素吸着、逆浸透膜で細かな物質を取り除き、イオン交換樹脂で栄養塩などを吸着します。
逆浸透膜は膜に水を押し付け浸透した水だけを生産水としてイオン交換層に送ります。
浸透しなかった水は排水します。
その為生産量がかなり少なく、捨て水が発生します。
純水器に比べフィルターの寿命が長い、生産出来る量は多いが水の出が遅く時間がかかる。

浄水器販売ページ

スタイルにより選ばれると良いでしょう。
当店販売海水はコットン、カーボン、UFフィルター、逆浸透膜、イオン交換樹脂を通しています。
それにより水道水に含まれる不要な物質、菌を取り除き超純水を作り不純物のほとんど含まれていない人工海水ヴィーソルトを溶解し販売しています。

海水販売ページ

ここには書ききれない事も有り、詳しくは店頭などでご説明いたします。



page: 1 | 2 | 34
kazika・トップ > 海水について > 純水を作るには